税理士の資格を持つ山田真哉さん

税理士といえば、公認会計士の資格を持っている人も税理士の仕事ができますよね。
最近、コメンテーターとしてたまに見かける山田真哉さんも税理士の資格を持っているそうです。
「坂上忍と指原のつぶれない店」にコメンテーターで出ています。
プロフィールを紹介しますと、山田真哉さんは1976年生まれで兵庫県神戸市に生まれました。
高校3年生のときに阪神淡路大震災で自宅が全壊、予備校の寮に住むなど厳しい状況の中でも恵まれていたということです。
大学を卒業して1999年に東進ハイスクールに入社しますが、数か月で退社。
そこから会計や経営を勉強し、2000年に公認会計士の二次試験に合格、監査法人に入ります。
そして、2001年に「女子大生会計士の事件簿」という小説を書き始めます。
2004年に、公認会計士の3次試験に合格して独立。
2005年にあの有名な小説「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を出版します。
この本は、会計に関する身近な疑問を専門用語をあまり使わずにわかりやすく説明している本で、160万部以上を売るという大ベストセラーになりました。
人間やる気があれば、短期間でここまでやれるんですね。

歯医者さんを、悪者にしていませんか?

大人も子どもも、歯医者さんが大きらいという人は多いと思います。
子どもが悪いことをしたり、言うことを聞かないときに「いうこと聞かん子は、歯医者に連れて行くよ」なんて言っている人はいませんか?
そんな脅すようなことを言っていたら、歯医者さんは悪者になってしまいます。
「あ~、悪いことしたら歯医者に連れて行かれるんじゃ~。歯医者って怖いとこなんじゃ~」と思ってしまいますよね。
どうしても歯医者さんを怖がるようなら、歯医者さんや歯科衛生士さんにその旨を伝えて、まず診察台に上がってもすぐに治療するのではなく、絵本を見たりしてリラックスさせるようにしたらどうでしょうか?
初日は、それだけで帰ってもいいじゃないですか。
ゆっくり、子どものペースに合わせてあげることが大切だと思います。
何回も、連れて行くのは大変かもしれませんが、徐々に慣らして喜んで歯医者さんに通うようになってくれたら、万々歳ですよね。
そして、泣かないで治療ができたら「よく頑張ったね、すごい!」と言って誉めてあげることも忘れずに。
そうすると、大人になってもそんなに歯医者を怖がることもなくなると思うんですけど、どうでしょうか。

納得できないとダメですからDVDはプレスです

個人でも企業でも費用が掛かる事は多いです。
費用をあまり掛けないで済むというのはほとんどないです。
DVDを生産するのに費用は掛かります。
タダでDVDは作れないですからね。
DVDを増やすのにも費用は掛かります。
でも、費用が掛かっても増やさないといけないのがDVDです。
個人の趣味でDVDを生産する場合はたくさん作る必要はありません。
自分だけしかいらないのに多くのDVDを作る必要はないです。
たくさんDVDを作っても邪魔になるだけです。
それに費用も掛かりすぎますからね。
企業の場合は少ない数のDVDを生産するわけではありません。
企業は大量にDVDを生産します。
大量と言っても会社の規模によって違いますけどね。
昔はDVDというとコピーでした。
DVDの前はCDやテープでしたけどね。
最近はコピーよりプレスです。
プレスの方が大量に作る事ができます。
それに品質もプレスの方がコピーより良いです。
コストは掛かるようになりましたが、大量に作れることや品質を考えるとやはりプレスです。
DVDをプレスする企業は多いです。
納得いく物を作るのならコピーよりプレスです。
DVDのプレスでコストをどれだけ低く抑えられるのかが重要です。

美容院もし失敗されたらどうする?!

美容院に行った友達が「あれ?どうしたのその髪型?!」というヘアスタイルになってビックリしたことがあります。
もし自分が美容院で失敗されたらどうするんだろう…?と思い、ちょっとインターネットで「もし美容院で失敗されたら」について調べてみました。
私が見たアンケート結果では約半数の人が「髪の毛が伸びるまで我慢する」そうで、次いで「素直にもう一度その美容院に行って直してもらう」が多かったです。
小心者の私は多分アンケート結果通りに伸びるまで我慢すると思いますが、ちゃんとその美容院で直してもらう人も多いんですね!
とはいえ、初めての美容院でロングからショートなど、ヘアスタイルを大きく変えたりすることはなるべく避けた方がよさそうです。
でも「どうしてもガッツリ切ってもらいたい!」という気分の時もありますよね。
そういった場合は気持ち長めで仕上げてもらって様子見するのが良さそうです。
様子見で美容師さんの腕を見て納得できたら、保証期間の設定があるサロンならその期間に直してもらうのもアリかもしれません。
いずれにしても初めて行く美容院では思い切ったスタイルチェンジは待ったほうがいいでしょうね(笑)

こんな弁護士は苦手!相談者の視点から

「弁護士」といえば「法廷の場で悪と闘う人」といったイメージがありますよね。
テレビドラマの影響かもしれませんが、裁判の行方を決めるとき、弁護士が大きな役割を持つことも多いからです。
それだけに、弁護士には強い確信を持つこと、その裏付けをつくることが不可欠です。
また、そのような弁護士でないと、相談者も安心できないでしょう。
ただし、あまりにも個性が強すぎると、相談者が萎縮してしまう場合もあります。
弁護士に相談する時点で、既に切羽詰まった状態にいる人も少なくないからです。
もし、電話したときに相談者の話をきちんと聞かずに、結論を急弁護士に当たるとどうでしょうか。
それだけで固まってしまいますよね。
私は、20数年前、既に退去した住宅の修理代を請求されたことがあり、弁護士に電話相談をしたことがあります。
そのときの弁護士の回答は「支払い義務なし」とのことでした。
しかも、私が用件を伝えた直後での即答だったのです。
本来の目的は果たせたのですから、それでよいのかもしれません。
ただ、短気そうな性格が感じられたため、その弁護士に悪い印象を持ってしまいました。
弁護士への相談が難しいと思った貴重な出来事でした。

留学は年が低くなるほどすごく貴重なものなんだということがわかります。

留学といえば、やはりほとんどが大学生のもの、なんていう印象をもっていました。
しかし、今は小学生からでもどんどん留学に目覚めていくということも少なくないようです。
特に高学年にもなれば、付き添いがなければ留学できない、なんていうこともありません。

ただひとつ、生活する場所が必ずホストファミリーの元になるということだけは条件つきになるでしょう。
そう、留学といえども期間中はその国で生活するということなので、大学生のようにはいきません。
その点では大学生の留学とは違う、縛りみたいなものとなってくるのかもしれないです。

大学生であれば成人する年でもあるので、留学先での一人暮らしも考えられるでしょうけれど。
自由になれるようで、自由になれるものでもない、これもまた留学というものだと思います。
それでも、小学生からの留学はなかなか志願してもできるものではないだけに宝物かもしれません。

そう、学校からの推薦やプライベート、いろんな行き方があるとはいえ、門が広いわけでもないんです。
行きたいからできる、そんな簡単ではないのが小学生の留学なんだと実感できるところでもあります。
小学生と大学生の留学だけでもこれだけ違えば、大人と比較すればもっと違うものなのでしょう。

税理士の個別記帳指導は体験者に聞こう!

個人で仕事を始めると、会社員時代にはなかった経験をすることもでてきます。
自分の都合で「自由」に仕事ができると思われがちですが、現実は厳しいものがあります。
お客様があって仕事が成り立つのですから、営業時間は関係ないでしょう。
むしろ、携帯端末が普及したいま、いつでも連絡がくるため、プライベートの時間を保ちにくくなります。
しかし、自分の信頼を築くためにも、すぐに対応する人もいるのではないでしょうか。
自分で仕事をする場合は、確定申告も必要になります。
そのためには、複式簿記の知識が不可欠です。
こちらは、商業簿記を使うため、簿記検定3級以上に合格した人は有利でしょう。
しかし、簿記を学んだことがない人は、記帳方法などに迷うかもしれません。
さいわい、独立開業間もない人は、税理士の個別記帳指導(無料)が受けられます。
どのような内容かは、税理士の指導を受けた人から話を聞きましょう。
また、簿記の資格があっても実務経験がない人は、記帳指導を受けると安心です。
簿記検定の受験対策で学ぶだけでは、把握しきれないものが少なくないからです。
正しい確定申告をするためにも、簿記の知識と技術をきちんと身に付けておきましょう。

無料のDVD製作ソフトのおすすめ

皆さんはDVDを製作するためのソフトを所有しておられると思います。
有料のDVD製作ソフトは、たくさん販売されているものの、本格的に動画編集を行わない方にとっては、有料のDVD製作ソフトはちょっとストレスになるかもしれません。
有料ソフトの金額は、決して安くないため、やはり無料DVD製作ソフトを先に試してみてから、その後必要があれば有料ソフトに移行する方が良いでしょう。

では最初に使用するのにおすすめのソフトは、なんでしょうか?
BurnAware Freeというソフトが、DVD製作の時にとても役に立つソフトになります。
コチラのソフトは、古いWindowsであるXPにも対応しており、もちろん最新のWindows10にも対応しているので、どんなOSでも使用できる優れた互換性を持っています。
つまり今後もOSのアップデートがあったとしても、問題なく使用できるソフトと言えるでしょう。

使い勝手ですが、行いたい作業が全てアイコンになって表示されているため、直感的に使用することができ、初心者でも使用しやすいソフトと言えるでしょう。
DVD製作をするだけであれば、このソフトがあれば十分であるとも言えるかもしれません。

留学は幅広い世代の人がします

留学する人で多いのは学生です。
学生のうちに留学を経験する人はたくさんいます。
何事も経験は大切です。
経験は若いうちにしておいた方が良いです。
若いうちに留学を経験しておけば大人になってから何かと役に立ちます。

日本から出ないから日本語だけをしっかりしておけばよいという時代は終わりました。
日本には多くの外国人が訪れます。
仕事で日本に来る人もいれば観光で訪れる人もいます。
他にも様々な理由で日本にやってきます。
数えられない数の外国人が日本にやってきますから外国人に話しかけられる可能性はあります。
学生は学校で英語を勉強しますが、学校では教えられない事はたくさんあります。
学校で勉強したのでは分からない事は多々ありますから外国に行って勉強したいと思います。
学校を出たら外国語スクールなどがありますが、外国へ行った方が生きた言葉を覚えられます。

個人で留学する人は多いです。
個人での留学は社会人です。
中高年になってから留学する人も多いです。
思い立ったら実行に移す事は多いです。
思っても実行に移せない事もありますけどね。
実行に移す手も移さなくても悪い結果になるかもしれませんが、行動を起こさないと良い結果にもなりません。
若いとか若くないという事は考えずに留学したいのであればできるだけ実行に移す努力はした方が良いですね。

白い歯ってやっぱ最強モテアイテムだよ!

高校の頃から仲のいいS子、美人じゃないけど小さくて色白でとにかくモテます。
一緒に何度も合コンに行きましたが、S子が連絡先を聞かれなかったことなんてありません。

そんなS子は、笑顔が可愛いんだけど、とにかく歯が真っ白なんですよね。
と言っても、高校時代から真っ白だったわけではありません。
笑うと結構歯が全開になるS子は、自分の歯の色を気にしていました。
そんな気にするほどの色じゃないんだけど、笑って歯が目立つ分本人には気になるんでしょうね。

大学に入ってから、歯のホワイトニングをしたS子。
その歯医者は群馬でホワイトニングがすごく上手いって評判のとこなんだって。

今のS子の歯は真っ白で、でもすごく自然な元から歯がキレイな人って感じの白さなんです。
前からモテてたけど、ホワイトニングしてからさらにモテパワーがアップしましたね。
女子にとって、白い歯ってのは最強のモテアイテムかもしれませんね。

あ、でも男も歯が白いとくらっときてしまうな。
やっぱ、歯が白いのって男女問わず絶対に印象を左右しますよね~。
私もホワイトニングやろうかなぁ。