須磨区の歯医者に休んでいけばよかったと後悔

旦那さんの前歯が取れたので、歯医者さんに出掛けてきたんですけど、やっぱりいつも通っている歯医者さんじゃない歯医者さんに行くと、何科対応があまりよくないようで、旦那さんは不平不満を言いながら帰ってきました。

元々旦那さんは私たちが住んでいる場所の隣の県出身で、前歯の治療もずっとそちらの歯医者さんで行っていたのですが、今回は時間がなかったので身近な歯医者さんに出掛けることにしたのですが、こんなことなら最初から有給休暇を取らせて須磨区の歯医者さんまで出かけさせればよかったなって後悔してしまいました。

しかし歯医者さんって今儲からない仕事になっている層で、どこの歯医者さんも効率的にお客さんを確保しようと必死ですよね。

営業活動の為に産婦人科に来る歯医者さんも少なくないですし、須磨区の歯医者さんでも定期検診のハガキなんかを送ることを欠かさず行っているようですから、須磨区の歯医者さんも例外なく一生けん命営業活動をしているんでしょうね。

問題なのは開業している歯医者がすごく多い点で、開業しても歯医者1人で営業をしているのでどうしても歯医者1人対して病院が増えすぎているんですよね。