心理学を選ぶ

大学生になり、これから、自分が何をやりたいのか、本格的にみつけようと思い、それを探しに大学に入った。
周りからすると、甘えていると思われるかもしれない。
しかし、それでも、大学で学んで、そのあとに仕事に活かせれたらと思っていた。
大学の授業は、時間も長いので、話を聞いているだけで、体力を使う。
そんな中、選択授業があり、何個かあった中に心理学というのがあった。
心理学には興味があり、小説をみたりもしている。
なので、心理学を選択することにした。
本当にただただ興味本位で選んだのだが、それが始まりになり、心理学にますます興味がわいた。
そして、いつの間にか、心理学のほうばかりを勉強していて、心理カウンセラーの資格を取ることにした。
大学に入って自分のやりたいことをみつけるなんて、アバウトな選択をしていたが、それがうまくいい方向に向いてよかったと思う。
もしかしたら、なにもやりたいことが見つからなかったかもしれない。
しかし、心理学を学んだことによって、いい方向に向き、これからの自分のためにもなった。
心理カウンセラーで人の役に立ちたい。