税理士の個別記帳指導は体験者に聞こう!

個人で仕事を始めると、会社員時代にはなかった経験をすることもでてきます。
自分の都合で「自由」に仕事ができると思われがちですが、現実は厳しいものがあります。
お客様があって仕事が成り立つのですから、営業時間は関係ないでしょう。
むしろ、携帯端末が普及したいま、いつでも連絡がくるため、プライベートの時間を保ちにくくなります。
しかし、自分の信頼を築くためにも、すぐに対応する人もいるのではないでしょうか。
自分で仕事をする場合は、確定申告も必要になります。
そのためには、複式簿記の知識が不可欠です。
こちらは、商業簿記を使うため、簿記検定3級以上に合格した人は有利でしょう。
しかし、簿記を学んだことがない人は、記帳方法などに迷うかもしれません。
さいわい、独立開業間もない人は、税理士の個別記帳指導(無料)が受けられます。
どのような内容かは、税理士の指導を受けた人から話を聞きましょう。
また、簿記の資格があっても実務経験がない人は、記帳指導を受けると安心です。
簿記検定の受験対策で学ぶだけでは、把握しきれないものが少なくないからです。
正しい確定申告をするためにも、簿記の知識と技術をきちんと身に付けておきましょう。