納得できないとダメですからDVDはプレスです

個人でも企業でも費用が掛かる事は多いです。
費用をあまり掛けないで済むというのはほとんどないです。
DVDを生産するのに費用は掛かります。
タダでDVDは作れないですからね。
DVDを増やすのにも費用は掛かります。
でも、費用が掛かっても増やさないといけないのがDVDです。
個人の趣味でDVDを生産する場合はたくさん作る必要はありません。
自分だけしかいらないのに多くのDVDを作る必要はないです。
たくさんDVDを作っても邪魔になるだけです。
それに費用も掛かりすぎますからね。
企業の場合は少ない数のDVDを生産するわけではありません。
企業は大量にDVDを生産します。
大量と言っても会社の規模によって違いますけどね。
昔はDVDというとコピーでした。
DVDの前はCDやテープでしたけどね。
最近はコピーよりプレスです。
プレスの方が大量に作る事ができます。
それに品質もプレスの方がコピーより良いです。
コストは掛かるようになりましたが、大量に作れることや品質を考えるとやはりプレスです。
DVDをプレスする企業は多いです。
納得いく物を作るのならコピーよりプレスです。
DVDのプレスでコストをどれだけ低く抑えられるのかが重要です。